【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<

ペガサスワールドカップ2019 気になる出走馬の詳細は?

 

年が明けて2019年。前年の有馬記念で一区切りした日本の競馬界は有力馬が休養入りしてオフシーズンともいうべき時期に入っていますが、海を渡ったアメリカではブリーダーズカップが終了して3ヵ月が経過したためか、有力馬たちが復帰緒戦を迎え出すこの時期、3月に開催にされるドバイワールドカップを目指すこともあり活発化していきます。そんなアメリカ競馬の流れに合わせるかのように年明け最初のビッグレース、ペガサスワールドカップの開催が間もなくに迫りました。

 

今年で第3回目の開催となるペガサスワールドカップは1月26日(土)の16時57分(日本時間:1月27日(日)6時57分)にアメリカのガルフストリームパーク競馬場のダートコース1800mで開催される4歳以上の馬による一戦。高額な賞金で知られ、1着賞金は日本円で約9億8000万円にあたる900万ドルが支払われます。

 

イギリスを発祥としている競馬はもともと芝で開催するものというイメージがありましたが、後発であるアメリカは競馬という文化がなかったため、競馬場を作る際も芝生を敷くよりも砂を撒く方がカンタンで手軽に競馬場ができるというアイデアを採用し、ダート競馬を主体としたレース体系ができていきました。

 

規格を統一にしやすいことから、アメリカ全土の競馬場は全て左回り、そして観客が見やすいようにトラック自体を小回りにするなど、アメリカの競馬場はどこでも似たようなレイアウトになっています。そのため、欧州では全くアテにならないとされる時計での比較がやりやすく、さらにスピード指数などの予想が栄えたという文化があります。

 

そんなダート競馬の大家ともいうべきアメリカだったのですが、長らく高額賞金レースはブリーダーズカップクラシックのみという状態でガラパゴス化が進んでいました。そもそもダート戦をメインにする国が少ないというのも理由にありましたが、最大の原因は1996年に開催されたドバイワールドC。1着賞金が4億円(当時)という破格の賞金は世界のホースマンを震撼させ、アメリカからの遠征はおろか、ダート戦に走ったことがなかった欧州のトップホースたちも今風に言えば「ワンチャン狙う」形で参戦するというのも散見されました。

 

その中でアメリカ競馬の権威を復活させるべく、2017年から新設されたのがこのペガサスワールドカップ。今年からペガサスワールドカップターフが創設されたことで賞金額は若干減りましたが、それでも1着馬には9億8000万円が支払われるというゴージャスさ。さらに言えば、12頭のみしか出走できないだけに出走すること自体がステイタス化しているとも言えます。

 

開催時期が1月終わりなので、3月末に開催されるドバイワールドCにもちょうどいい臨戦過程となることを考えると、アメリカ競馬の粋を集めたような馬たちが集まるケースが続出。実際に第1回目の開催となった2017年はアロゲートとカリフォルニアクロームの2強対決が話題になり、翌2018年は前年のブリーダーズカップクラシックを制したガンランナーが引退レースとしてここを選んで勝利するなど、強い馬が強いレースをして勝つという構図になっています。まさに強い馬が好きなアメリカ人の気質にピタリとハマるレースとして注目を集めています。

 

新年最初のダート王が決まる一戦だけにどんな馬が集まるか気になりますよね? それではブックメーカー」で発表されているオッズとともに注目度の高い出走馬を詳しく見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

 

「強い馬が強いレースを見せて勝つ」が過去2回のペガサスワールドカップのレース内容。ただでさえレースが12頭の少頭数で展開的に紛れが起きづらく、実力通りの結果が出やすいという側面がありますが、一方で本命党にはピッタリのレースと言えるでしょう。そう考えると今回の1番人気、アクセラレートの単勝2.50倍はかなり美味しい配当に映ります。

 

早熟の天才とも言えたルッキンアットラッキーを父に持つだけにクラシック候補生として期待されていましたが、デビューしたのは3歳の4月というかなり遅い時期。それも緒戦で2着だっただけにケンタッキーダービーはおろか、アメリカ3冠そのものを断念せざるを得ない内容でした。

 

そこからも惜敗は続き、初勝利は4戦目までかかりましたが、そこからとんとん拍子で3連勝を飾り重賞もロスアラミトスダービーを制覇この勢いに乗った状態でブリーダーズカップダートマイルに出走しましたが、ここで3着。父らしい仕上がりの早さが見られだしましたが…明け4歳の2017年はなかなか勝ち切れずに勝ったのは7月のサンディエゴHのみという苦難の年に。この時点でこの馬がダート界のトップに立つとは誰もが思わなかったことでしょう。

 

しかし、明け5歳となった昨年。アクセラレートにとってはまさにゴールデンイヤーになりました。年明け緒戦のサンパスカルを制すと続くサンタアニアHで念願のG1制覇。続くオークローンHは2着に終わりましたが、その後は破竹の勢いでG1ばかりを4連勝。ついにはアメリカダート界の最高峰、ブリーダーズカップクラシックを制しました。それだけにここでも絶対視されて当然の存在。ちなみに前年のブリーダーズカップクラシックを制した馬のペガサスワールドカップ成績は[2・0・0・0]。強い馬が強いレースを見せられるかも注目されます。

 

これに続くのがシティオブライト、ガンナベラがいますが、あくまでアクセラレートの引き立て役という印象でしかなく、ここで勝つのは難しいと考えられていますが…一矢報いることができるでしょうか?

 

ペガサスワールドカップは1月26日(土)の16時57分(日本時間:1月27日(日)6時57分)に発走予定。記念すべき初代王者が決まる一戦だけにぜひ馬券を買ってみたいですね!


【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<