トップ > GALLERY-作品一覧- > 【受注生産】ウルトラニャン 黒猫スペシャル

フェリス星の宇宙猫「ウルトラニャン」が
ウルトラマン玩具の原点「ソフビ人形」に

世界へはばたいた日本のソフビ人形を
製作するのはアメリカの玩具メーカー

「ウルトラニャン」とは、1997年公開の映画『ウルトラマンゼアス2 超人大戦・光と影』と同時上映されたアニメオリジナル作品に登場するアニマル・ヒーローのこと。物質をあらゆるものに変身させられる能力などを使ってご近所トラブルを解決する。翌1998年には続編の『ウルトラニャン2 ハッピー大作戦』が公開された。それがこのたび、約20年の時を経て、ソフビ人形という形で再び地球に舞い戻ってきた。

プロダクトを手がけるのはアメリカの玩具メーカー「MAX TOY」。カリフォルニア育ちの日系人マーク・ナガタ社長による、ソフビ人形を中心としたラインナップで人気のメーカーだ。

「ウルトラニャンのソフビ人形はこれまで、指人形サイズのものが発売された程度でした。そこで弊社MAX TOYではこのたび、可動し、プレイバリューがある、ミドルサイズのソフビ人形を企画したのです。ウルトラニャンのかわいさを損なわず、うまく立体化することができたと思いますよ」

これまで通常ver.、畜光ver.、スペースカラーver.など、さまざまなバリエーションを展開してきたMAX TOYの「ウルトラニャン ソフビ人形」。最新のプロダクトは白猫のウルトラニャンを黒猫化する、限定カラーでの立体化だ。

「価格的にアプローチできる年代が限られると思います。しかし円谷特撮作品のファン、ソフビ人形ファン、猫好きの方々など、できるだけ広い層にウルトラニャンとソフビ人形の存在をアピールできればと考えております」

海外玩具メーカーも熱視線を送る
昭和を代表する玩具「ソフビ人形」

海外の玩具メーカーでは近年、日本のソフビ人形をイメージした玩具企画が頻繁に立ち上がっている。MAX TOYもそんなメーカーのひとつ。コメントを寄せてくれたマーク・ナガタ社長は、その理由の一端を教えてくれた。

「『ウルトラQ』世代の我々にとって、円谷特撮作品は、自らの感性を形作るものの、大切な一部です。また玩具製作に関わるようになった現在では、制作欲を刺激する夢とイマジネーションの宝箱でもあります」

もともとウルトラマンとソフビ人形の関係は、1966年放送の『ウルトラQ』にまでさかのぼる。最初のリリースは「マルサン商店」による怪獣ソフビ。そのソフビ人形の文化はやがて、ウルトラシリーズとともに海外へとはばたいた。それが今回、「ウルトラニャン ソフビ人形」という形で里帰りしたというわけだ。

「はじめにウルトラニャンをソフビ化したのは2013年のこと。どのキャラクターをモチーフにするかで悩んだ結果、弊社が多くの猫型怪獣を手がけている経緯もあり、ウルトラニャン(通常版)をTCJ参加第一号プロダクトに決めました」

よくよく考えれば、ウルトラニャンのソフビ人形とは珍しい。コレクションに加えたくなるキャラクターだ。

「ソフビ人形の良さは壊れにくいところです。好きな場所に好きなポーズで飾ってください。 一部のファンの皆様のように、屋外でおもしろい写真を撮影しても楽しいですよ」

金型の都合上、それほど多くは生産ができないソフビ人形。ウルトラニャンと交流する少女「はるか」がそうしたように、ぜひともお側に置いて、寄り添ってほしいプロダクトである。

  • 可動ポイントは、首、両肩、両足、尾の計6か所。ソフビ人形としては申し分のない数だ。耐久性・塗装もしっかりしているため、写真のように大胆なポージングも問題なくできる。また尾が支えになるため自立も容易だ。

  • デフォルメされたキャラクターなので、頭部のサイズもボリュームある野球ボール大。目や鼻など細かな塗装もしっかりされており、よほど無茶な扱いさえしなければ剥がれる心配もない。笑みを浮かべた口元も、しっかりと表現されている。

  • 気になる肉球部分はゴールドで塗装。きちんと色分けがされており、かわいさのあまり、条件反射的にその感触を確かめたくなるほどだ。また尾の裏側には「MAX TOY」の刻印が確認できる。

【受注生産】ウルトラニャン 黒猫スペシャル

商品コード
クリエイター MAX TOY
定価
価格 5,400 円(税込)
注文受付期間 予約の受付けは終了しました
配送予定 2017年1月下旬〜2月上旬予定
備考 全長約15cm
数量

受付終了(作品によっては、展示のために受付を一時停止しているものもございます)

  • MAX TOY

  • アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコを拠点に活動する日系アーティスト、マーク・ナガタが10年前に設立したソフビ人形を製作する玩具会社です。
  • 日本の特撮を愛し、ソフビを愛するマークが自身の会社を通してアートと玩具の融合、ソフビの製作・販売、数多くの展示のプロデュース、美術館における日本製ソフビについての講演を精力的に行っています。
  • http://www.maxtoyco.com/
  • ウルトラニャン

  • 1997年/1998年に円谷プロが制作したアニメ映画。
  • 少女「はるか」と、星空から舞い降りたふしぎネコ「ニャン」との交流を描いた作品。
ウルトラニャン

ページトップへ