トップ > GALLERY-作品一覧- > 【受注生産】ウルトラマン/Aタイプ(TCJ限定ver.)

【受注生産】ウルトラマン/Aタイプ(TCJ限定ver.) 【受注生産】ウルトラマン/Aタイプ(TCJ限定ver.) 【受注生産】ウルトラマン/Aタイプ(TCJ限定ver.) 【受注生産】ウルトラマン/Aタイプ(TCJ限定ver.) 【受注生産】ウルトラマン/Aタイプ(TCJ限定ver.) 【受注生産】ウルトラマン/Aタイプ(TCJ限定ver.) 【受注生産】ウルトラマン/Aタイプ(TCJ限定ver.)
【受注生産】ウルトラマン/Aタイプ(TCJ限定ver.) 【受注生産】ウルトラマン/Aタイプ(TCJ限定ver.) 【受注生産】ウルトラマン/Aタイプ(TCJ限定ver.) 【受注生産】ウルトラマン/Aタイプ(TCJ限定ver.) 【受注生産】ウルトラマン/Aタイプ(TCJ限定ver.) 【受注生産】ウルトラマン/Aタイプ(TCJ限定ver.) 【受注生産】ウルトラマン/Aタイプ(TCJ限定ver.)

蓄光パーツが暗闇で発光する
最初期タイプのウルトラマン

はじめてウルトラマンと出逢った
あの日の感動を作品に込めて……

はじめてウルトラマンと会った日のことを皆さんは覚えているだろうか? デパートの屋上? 商店街? それとも遊園地? 場所は違っても、そこには親御さんに手をひかれた子供たちの楽しそうな声や笑顔、それに興味津々に見つめる純粋なまなざしがあった。もしかしたら泣き出してしまう子もいたかもしれない。困らせた犯人はバルタン星人といったところか。

握手をしてもらった子は、その大きくて温かみのある手の力強さに感動したはずだ。抱きかかえられたチビッ子は、その瞬間、宙を舞ったような気分を味わったと思う。ウルトラサインが記された色紙をもらった子は、そのサインを覚えるまで何度も何度もなぞったのではないだろうか。堂々と佇む勇姿を見上げ、自分に頷いてくれるウルトラマンに誰でも胸をときめかせたと思う。

しゃがみ、そっと頭をなでてくれたウルトラマンと、ブラウン管やステージ上のウルトラマンとでは、おそらく異なる印象を持つ。勇猛果敢に戦うだけではない慈愛に満ちたその姿。寡黙で優しく、変わらない表情なのに微笑んでいるかのように感じられる。

ハンサムタロウエム原型師の関ケンジ氏も、今回の作品に同様の想いを込める。

「幼少の頃からウルトラマンは、私たちにとって一番の、あこがれのヒーローでした。それは今も変わりません。その気持ちを世のウルトラマンファンに少しでも伝えたいという想いで作品を作りました」

どれほど世代が進んでも、その時代時代で新たなウルトラヒーローが地球に降り立ち、我々と交流してくれる。もっとも新しいウルトラマンオーブも、「律儀な風来坊」クレナイ ガイという一風変わったキャラクター性で親しみある姿を見せてくれた。彼とジャグラス ジャグラーの名コンビは大人でも微笑ましく感じるほどである。

文字通り、世代を超えたヒーロー。だからこそ関ケンジ氏も、自身の作品に魂を込めた。

リアルを追求したソフビ・フィギュアは
「たるみ」や「シワ」こそが最大の魅力

作品を目にしてまず驚かされるのがその造形力だ。ウルトラマンは地球に滞在した時期によって顔つきが変化しており、地球到着直後は「Aタイプ」(第1話〜第13話)、その後しばらくは「Bタイプ」(第14話〜第29話)、現在よく見る顔つきは「Cタイプ」(第30話〜最終話)と、ファンの間で便宜的に呼ばれている。今回の作品はAタイプをモデルにしたもので、地球到着直後の荒々しい感じのウルトラマンを細部にまでこだわってソフビ化した。

いかがだろうか。作品を眺めていると、皮膚のたるみや指の造形などが写実的に表現されているのがお分かりいただけるだろう。写真に撮ると、番組のスチル写真と見間違うこともある。ここまでリアルにこだわる理由とはいったい何なのか。

「とにかくウルトラマンが大好きなんです。他社さんからも素晴らしい立体物がたくさん発表されていますが、それとは違う、自分たちが本当に欲しかったウルトラマンを作りたいと思いました。そのため、細部のディテールを踏まえながら、できるだけウルトラマンらしさを感じ取ってもらえるよう心がけています」

好きでなければ、ここまでこだわりを貫くことはできない。クオリティは折り紙つきだ。それでは造形以外の部分では、どのようなところが見どころなのだろうか。

「TCJ限定Ver.として、暗がりで発光するよう、インマスクとカラータイマーを蓄光素材に変更しました。そのため、目とカラータイマーが発光します。弊社が過去に販売した通常版はカラータイマーがブルーでしたが、今回は限定版ということで、赤色版のカラータイマーもオマケとして付属します」

ギミック面も申し分なく、蓄光素材によって昼と夜で大きく印象を変えるウルトラマン。数あるウルトラヒーローの中でも、人類がファーストコンタクトした偉大なる存在だけに、家族3代で楽しめる作品として鑑賞したいものである。

  • 「たるみ」や指の表現に驚かされる。左腕の皮膚の質感も実物のウルトラマンそのものだ。納品時は彩色済み・接着なしの組立済みキットで、上胴と下胴をはめ込めば完成する仕様となっている。

  • 背中の表現も、人間で言うところの肩甲骨のあたりが写実的に表現されている。質感の再現性が高く、幼き日に握手してもらった、あの大きな手の感覚が脳裏に甦ってくるほどだ。

  • あらかじめ光を当てておくと、暗闇で目とカラータイマーが光る。目の部分にはうっすらとモールドが見て取れる。

  • 右足の裏にはコピーライト、左足にはハンサムタロウエムのシンボルマークが描かれている。赤色のカラータイマー(右下)を装着する場合は、ドライヤーなどで温めて、柔らかくした上でパーツを差し替える。

【受注生産】ウルトラマン/Aタイプ(TCJ限定ver.)

商品コード
クリエイター ハンサムタロウエム
定価
価格 16,200 円(税込)
注文受付期間 (一次受付)2017年4月17日〜5月21日(二次受付)2017年5月21日〜6月18日(お1人様2点まで)
配送予定 (一次受付分)2017年6月下旬〜7月上旬予定(二次受付分)2017年7月下旬〜8月上旬予定
備考 全長約30cm
数量
  • ハンサムタロウエム

  • 特撮作品、漫画、アニメの既存のキャラクターに加え、オリジナル・キャラクターでもソフビ・フィギュアなどのアイテムを制作。その特徴は優れた描写力にあり、一体一体、細部にこだわった作りを心掛けている。ブランドはオリジナル・キャラクターを中心とした「ジェットターレ」と、版権キャラクターを中心とした「ハンサムタロウエム」。各ブランド共に自社製作の強みを活かし、独自のこだわりで企画・製造・販売などの事業を展開している。
  • https://www.handsometarom.co.jp/

ページトップへ