【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<

UEFAネーションズリーグ

 

欧州55のナショナルチームによるリーグ戦方式の大会「UEFAネーションズリーグ」が9月6日から翌年6月9日に掛けて開催となります。

 

欧州には元々UEFA欧州選手権というナショナルチームの大会が4年に1度開催されていますが、UEFAネーションズリーグは少しレギュレーションが異なります。

 

欧州55のナショナルチームをFIFAランキングの順に並べ、上位12チームをリーグAへ、そのまた12チームをリーグBへという風にA、B、C、D4つのリーグに分けます。

 

そして更に4つのリーグを4つのグループに分けたのちホーム&アウェイ方式で順位を競います。

 

面白いのが決勝トーナメントに向かうことが出来る4チームは、FIFAランキング上位チームだけで構成されるリーグAの4つのグループの首位チームのみです。

 

リーグB以下のチームには決勝トーナメントに進む権利さえありません。

 

ただしBリーグ以下のチームの首位チームは翌年の上位リーグへの昇格があり、各リーグの最下位チームは降格があるのでUEFA欧州選手権とはまた違った面白味が観れる大会になると思います。

 

当然優勝争いはFIFAランキング上位国で争われるリーグAのチームになりますけど、そこで優勝国予想のオッズをブックメーカーから見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

スペイン 4.33倍、ベルギー 4.50倍、フランス 5.50倍、ドイツ 6.50倍、イタリア 9.00倍、

 

現在のオッズを見ると意外にもスペイン代表が1番人気となっています。

 

意外というのは、今年6月から7月にかけて開催されたロシアW杯でスペイン代表は決勝トーナメントの1回戦で地元ロシアにPKの末敗れていますし、過去の実績は十分ですけど今のスペイン代表は優勝候補に挙がるほど強くはないと感じます。

 

しかもスペイン代表の監督は元バルセロナ監督のルイス・エンリケが就任したばかりで、どのようなサッカーをするのか?全く分かりませんから不安の方が大きいと感じます。

 

更にスペインのグループには、ロシアW杯4位のイングランドと準優勝のクロアチアがいる激戦グループですから勝ち抜くことも難しいと思います。

 

個人的にはスペインよりもロシアW杯で優勝したフランスの方が優勝候補に相応しいと感じます。

 

フランス代表はW杯優勝監督のデシャン監督が続投しメンバーもほぼロシアW杯で優勝したメンバーと変わりありませんから、安定して強いと思います。

 

続いて2番人気のベルギーはロシアW杯で3位と結果を残しましたので優勝するチカラは十分あると言えます。

 

しかもグループリーグの対戦相手がスイスとアイスランドなので他の強豪国と比べると相手に恵まれた感もあり、決勝トーナメント進出は固いと言えそうです。

 

4番人気のドイツは先のロシアW杯でグループリーグ敗退と散々な結果でしたし、世代交代も急がれるチームでもありますから今大会で思うような結果は得られないような気がします。

 

初戦のフランス戦で勝つようなことがあれば勢い乗って一気の優勝もあるかも知れませんけど、今大会ではあくまでダークホース扱いになります。

 

5番人気のイタリアもドイツと同様で今大会はダークホース止まりです。

 

ロシアW杯の欧州予選で敗退したアズーリを監督に就任したロベルト・マンチーニがどのように立て直すのか?その手腕に期待です。

 

上位人気国で不安が無いのがフランスとベルギーになりますので、今回はどちらかが優勝すると予想いたします。


【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<